選ばれ続ける一杯を目指して

美味しいだけではない、心に、体に安らぎを与えてくれる特別なコーヒー。
「選ばれ続ける一杯」を目指して、これからも高尾珈琲はたゆまぬ努力を重ねて参ります。

私たちの毎日

高尾珈琲の朝はまずカッピングで始まります。焙煎担当はもちろんのこと、職務にかかわらず全社員がコーヒーを飲みます。

同じコーヒーでも感じ方は人それぞれ。感想を言い合い、みんなが美味しいと納得出来るコーヒーが出来上がるまで試飲を繰り返します。

弊社ではコーヒーインストラクター1級の担当者が珈琲豆の仕入れを担い、3名の焙煎士(ロースター)が焙煎を行っております。
焙煎士が異なることで味のバラつきが出ないよう、こうした日々の感想をデータ化することで常に安定した風味のコーヒーを提供できるよう焙煎技術の向上に努めております。

愛用の焙煎機

弊社では世界中のロースターの憧れとも言えるドイツ製のオールドプロバットを使用しています。
オールドプロバットの製造は約半世紀前。ドイツの職人が作り上げた鉄の鋳物は頑丈で蓄熱製に優れており現代の製品とは質が異なると言われています。

弊社ではこの年代物のプロバット焙煎機をオーバーホールをし、必要な部分にはしっかりと手を加え、愛着を持って大切に使用しています。長年なじんだ焙煎機でじっくりと時間をかけて焙煎をすることでコーヒーはより香り高く芯までふっくらと焼き上がります。

味に厳しい人が多いといわれる大阪鶴橋の地で、長年愛されるコーヒーを生み出すことができます。

お客様へお届けするために

現在、弊社の店頭、全国の量販店、百貨店、飲食店、生協宅配のお客様への販売をしております。
そのため、安定的に大量のコーヒー豆を仕入れることができ、豊富な種類の豆をリーズナブルな価格でのご提供が実現しています。
店頭には常時20種を超えるコーヒー豆を取り揃え、当店ならではのオリジナルブレンドも10種以上のご用意がございます。

長く続く、鶴の象徴

弊社は昭和12年より、大阪鶴橋で創業を続けております。

「鶴橋」という町名の由来は、日本の第16代天皇である仁徳天皇が造った、日本最古の橋といわれる「猪甘津(いかいのつ)の橋」に鶴が多く集まったことから「鶴の橋」となり、橋の号となったという説があります。

「長く続く」縁起のある大阪鶴橋で、高尾珈琲は皆様に「選ばれ続ける一杯」をご提供いたします。

SDGsへの取り組み

高尾珈琲は、SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、
未来のため持続可能な社会を保つ活動にも目を向けております。

まず、企業として参加が出来る活動の第一歩として、
使用をします梱包材は森林管理協議会(しんりんかんりきょうぎかい、FSC:Forest Stewardship Council)認定の段ボールのみに変更をいたしました。

また、地域との繋がりを大切に、SDGsの達成に向けた取組の一環としまして
赤い羽根共同募金とのコラボを行い、売上の一部を販売地域に寄付しております。

小さな企業が出来ることからひとつずつ、SDGs普及に努めてゆきます。